Football Connection 

笑う門には福来る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やはりchinaされどchina

尖閣諸島を巡る一連の事件で私が抱いた感情はたった一つ。

中国はズレている。ビジネスパートナーとしてやはり当てにならない。

私も日本のメディアからしか情報を得ていませんが、尖閣諸島近海で石油が取れる事実が公表されてから中国は領土問題をぶち上げてきたことからも、言いがかりの礎を本件でつけたかったのであろうという気がします。

まぁ深いことは分かりませんが、温首相までがキツイこと言い始めたのでこりゃヤバイぞとなったと思いますが、とてもあの反発の仕方は国際社会のスタンダードとは思えません。

レアアースを事実上日本にだけ輸出禁止にするなどは、愚の骨頂。

中国が本件で支払う代償はとても大きいと思う。

クリントン国務長官が尖閣諸島も安保の範囲に含まれるという発言をしたことからも、中国に寄りかかっている民間交流を「やはり米」と逆流させる事象であったと思います。

あんなヒステリックな対応をされて、誰が中国を好きなります?
秋の社員旅行上海にしよか思います?

なりまへん。

私が把握している問題としては中国の市場と政治の乖離が大きくなっているということがあります。

おいしいところは中枢の人間が握っているとはいえ、かなりの市場経済で外資もジャブジャブ注がれています。
その様はまさに資本主義。

その反面、政治的統率力をみると社会主義そのもの。

本件も怪しいもので、民意に配慮したとは言うものの、立ち退きのために人の家を大砲でぶっ飛ばす国がそんな民意気にしますかね。
大体選挙しないのに民意きにしないよ。

ニュースでは民意がそうさせたようなことをいってますが、アメリカ、日本、中国の3国で密約がかわされた気がしないでもないです。

あくまで超仮説ですが、我々は中国が危ない国と認識した。脅威を排除するには軍を持たない日本はアメリカに頼らないといけない。では、中国に近い沖縄に米軍がいることの正当性が強調されるのでは。

普天間問題を解決したい日米。
しかし日米ではどうにも民意が抑えられない。そこで考えたキープレイヤーが中国だ。

中国脅威論を強調する事で沖縄米軍の戦力維持に大儀がつく。

私はそのように見ています。大体政治家も経営者も裏の手で物事を動かすのが特技なんだから、額面を受けとっちゃいけない。

単なる脅威論者的発言ではなく、素人的推測ですので。

■素人■
スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 22:59:05|
  2. こらむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

■素人■

Author:■素人■
笑門来福

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
環境保全(流域保全と脱原発) (33)
こらむ (113)
W杯 !! (9)
読書メモ (4)
言の葉ステーション (3)
お知らせ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。