Football Connection 

笑う門には福来る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供たちに誇れるしごとを by 清水建設株式会社

コーポレートメッセージや社是など、企業にとってその行く先を社内外に示すことは非常に重要と思う。

お飾りにすぎないという人がいるだろうが、真剣にその企業と向き合う場合に判断材料の参考となることが多い。

投資先、社運を背負うプロジェクトの発注先、就職先などなど。

自分の人生と深く関わせてよいのか、どうなのか。

ただの言葉だが、されど言葉だ。

日曜日の夜8時ごろだろうか。

民放を見ているとすがすがしいCMが流れる。

清水建設だ。ゼネコンでは珍しくCMを昔からしている。

忌野清志郎の「昼間のパパはちょっと違う~」も良かったが、今の「子どもたちに誇れるしごとを」はもっと素晴らしい。

すべての仕事はここに理想を求めるべきだろうと思う。

一切の皮肉なく、究極的に理想の理念だし、日々心にとどめながら世界中の人が仕事をしたらもっともっと安心安全な世界がまっていると思う。

理想と現実は得てしてギャップがあるし、だから理想なのだ。

茂木健一郎がツイートしていた。「理想は北極星のごとく、環境や状況でコロコロ変わることはない」

清水建設も局地的にはやっていることが、やらねばならぬことが「子どもたちにほこれない」ケースもあるだろう。

営利企業としてどうしようもない場面はあるだろう。

でも、だからと言って理想を捨てないといけないのか、今は足りない部分があるからこそ、理想はより明瞭になってくる。

今はこうだけれど、いつかあーなってやるぞって。

いいこと言って引掛けて裏では悪いことをする詐欺になってはいけないが、私の接してきた清水の社員は心に「子どもたちに誇れる仕事を」って掲示している感じのする人が多かった気がする。

JVで一見どこの社員かわからない場合でも、この人清潔感あるなーと感じたのは清水だった。

とまぁ清水さんを取り上げるのはここまでにして、さてその他4大ゼネコンのスローガンを調べて以下に並べてみました。


「時をつくる こころで創る」 株式会社大林組

「100年をつくる会社」 株式会社鹿島建設

「For a lively world」「地図に残る仕事。」大成建設株式会社

「想いをかたちに」株式会社竹中工務店

まぁ、清水さんがぶっちぎりでよいね。2つ立っている大成さんはそこが”らしい”かな。

正直メッセージとしては具体性に欠けるかな。

やはり、大手家電メーカーなどと比べても「子どもたちに誇れるしごとを」は抜群にNo1だと、私は思う。

子どもを授かったからより思うのだろうが、今の時代の生産者たる我々は心にとどめて仕事に向かうべき。

放射性物質をまき散らして、原発をなおも維持した、いま生きる大人たちにはキツイ言葉だ。

原発と清水さんの関係はあんまり知らないが、それが理想とのギャップだろう。

埋めるよう前を向くしかない。

誰になんと言われようとも「子どもたちに誇れるしごとを」しようではありませんか。


■素人■
スポンサーサイト
  1. 2012/09/25(火) 23:06:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茂木健一郎のツイがおもしろい

必要不可欠に思えるLegacyを思い切って取り除くことで、はじめて真の創造的仕事ができる。

携帯電話の数字キーというなくせないと思われたlegacyをなくしたiPhoneの革命。

茂木健一郎氏は日本の印鑑や印紙などもなくせばよいと主張。

賛否はあるだろうが、そもそも論としてまずなくしたらどうなるのだろうという第一歩を踏み出すことがやがて革新にたどり着くのだろう。

今日は九州南東部に出張。飛行機とレンタカーで目的地へ。

高速移動中空を自衛隊の戦闘機がヒュンヒュン飛び回る。

オスプレイもこんな低いところを飛ぶのか。なんで外国の軍隊の兵器が飛び回るんだ。

まだ植民地は続いているんだな。

環境に良いことをしたいと入社してきたが、本当に良いことをやれるのがうれしい。

pHも電気伝導度もほとんど変動させず濁った水をきれいにする天然の土から作った水処理材を販売している。

このサンプルをかばんに常に入れていたんだけど、この前かばんの中で瓶がわれて、泥だらけになってしまった。

泥だらけのかばんを掃除しながら、もしこれが化学薬剤のサンプルだったら何度もかばん全部を水洗いして、乾かして、でも布が変色してしまうだろう。

そう考えると事故の際にも全然気にならない。

あ、これは良い売り文句だぞ。

万が一の漏えい時にも環境負荷を与えません!漏えいは良くないけれど万が一は起こるもの。その際に大切な土地を汚しません。大量の水で洗う必要もありません。ほっておいて乾くのを待つだけで良い。というのは相当なメリットだろう。漏えい時に投入される水、電気、労力を考えるとその価値はまだまだある。

過去の遺産Legacyを取っ払らおう。今から考えれば少しでもやれるはず。

車からハンドルを取ってみよう。冷蔵庫から扉をとってみよう。靴から靴底をとってみよう。
その場合に機能を維持するために必要な物はなんだろうと考えるとダメでも普通じゃないアイディアが出てくるぞ。

■素人■
  1. 2012/09/06(木) 19:13:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射性物質が大気以上に食品にのって全国へばら撒かれてしまいました。

牛肉がまずは目立っていますが、これからあらゆる食品で惨状が明白になっていくことでしょう。
自衛。これしかありません。

我が家では正確な数値が定期的に出る状況になるまでは国産牛肉は食べません。
メキシコやオーストラリア産のほうがまだましかなと思いますが、そもそも肉は怪しいことが多いです。
北海道で腐った肉を次亜塩素酸で消毒し、血液に浸し着色して偽装販売していたのはミートホープだけではないでしょう。

国産としか書いていない牛肉には当然手を出さないとして、牛乳も分からない。
そもそも国の基準が200Bq/kg。WHOは10。ドイツの放射能防護に関る機関の基準は大人8、子供4。

やはり北朝鮮みたいに自国民を必死で守らず、産業や団体を擁護する国なのだ、日本という国は。
そもそもアメリカの意見で民主化できた国だから、国民の声に押されてできたわけじゃない。
国民の声で今度こそ、やらないといけない、本当の民主化を。
ペンは剣より強いと信じて。

以下に文部科学省の委託により財団法人日本分析センターが運営・管理しているHPを示します。


食品と放射能(財団法人日本分析センター)

こちらで、牛乳→生乳→兵庫→経年変化と調べますと、散布図がでます。
兵庫県内の生乳のBq/kgの時系列です。当然他府県でも出ます。
1988年ぐらいまでしかありませんが、1960年代には10~20 Bq/kgだったのが、原発が盛んになってきた1978年ごろから急に40~50 Bq/kgに跳ね上がっている。
わが国日本の放射線に関る基準が国際基準や欧州基準と比べ残酷的に高いのと、列島を原発で囲い逃げ場をなくしたのとは別問題ではないだろう。

前も一回書いたけど、原子力村というA級戦犯の自惚れたエリート意識と欲深き方針のために、罪もない多くの国民が生命に関る犠牲を強いられているという構図に我慢ならない。

どうして、あの事故を防げなかった原子力安全委員会の 斑目 委員長が未だにその任に預かっているのか理解に苦しむ。これほどの不祥事を起こして、どうして。

私でも国外に出たい。この国から離れたいと思うのだから、財産のある人達は相当出て行っているだろう。
結局、事故時にパニックをおそれ、情報を隠蔽したように、日本のトップクラスの人が国外に出てっているなんて
言えません。

地方が独立を本気で考えるときが来ている。
防衛、外交、通貨は国という役割分担では収まらない、もっと独立性の高いシステム。

平和裏に平成維新がはじまっている。
その中心は今のところ関西と九州ではないか。

私は橋下知事にかなり賛成している。
これほど自分の意見を明白にして、戦っている政治家を私は他にしらない。

彼のツイッターです。

橋下知事 ツイッター

国政の体をなしていない。立法府の根本的システムを作り変える。これに対する方針の違いこそが、次の解散のタイミング。エネルギー政策の違いだけでは収まらない。

■素人■
  1. 2011/07/24(日) 22:28:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011/06/04 八王子から始める 原発に頼らない社会 ~田中優と考える~

次々と明るみになるこの国の病巣。泣けてくる。海外へ行きたいと切実に思う。

どこでもリスクはあるけれど、国民を愚弄した見せ掛けだけの民主主義にはうんざりだ。

上記のような講演を聴けるようになったアメリカ発のIT革命に感謝。

■素人■
  1. 2011/06/09(木) 00:34:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青は藍より出でて藍より青し

最近好きな曲は以前iPodのCMで使われていたCold  PlayのVIVA La VILA。
http://www.youtube.com/watch?v=P5TNK-TvIcI
かっこいいっすね。
内容は良く分かりませんが、すごく前に進もうとう気持ちになります。

さて、荀子(じゅんし)という思想家は教育の重要性を説いています。
「人間を教育して、人間の悪い性質を変えなければならない。」
そのたとえとして、こう言いました。

「青は藍より出でて藍より青し。 」

青色の染料は、藍という植物から取れるが、そのままでは綺麗な染料は取れない。
発酵、温度管理、pH管理などの複雑な工程を経てようやく”青”が得られます。
つまり、人間でいえば教育や努力があれば、藍から取れた染料の青さは原料の藍よりも濃く、鮮やかになる。

先輩や師匠を弟子が超えていくさまを表すことにも使われます。
すばらしい表現です。弟子は師匠をいつか超えなくてはいけません。
そして感謝を忘れず、自分の道へと旅立つのです。

国全体に”後進を教育する”という意識的な共通認識が必要です。
自分の知識や体験を出し惜しんで、後進を育てない、旅立ちを許せない小さいことではいかんということです。

結局、見ない黒船である外資との戦いという中でしか変われない民族なのかと大河を見て思います。
そしてまた坂本龍馬がでてくる。なんちゅうひとなんでしょうね。あの人は。

日本のピンチに死してなお立ち上がっている様は、奇跡としか言いようがありません。
この世だけが人生ではないことに勇気つけられますが、自分は日本人に、人類に何が残せるのかを真剣に考えて見なくてはなりません。
いずれ世界は一つに収縮するはずです。経済的なことや核による軍縮と平和を考えると緩やかな共同体が生まれ、それらが緩やかな一つの経済的、政治的国境を地球中に広げるはずです。その時を見たいと思います。


■素人■



  1. 2010/05/09(日) 07:45:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

■素人■

Author:■素人■
笑門来福

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
環境保全(流域保全と脱原発) (33)
こらむ (113)
W杯 !! (9)
読書メモ (4)
言の葉ステーション (3)
お知らせ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。