Football Connection 

笑う門には福来る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心は私以外の誰のものでもないだろ

2020年へ向けて、東京を中心にあわただしく世間がうねっています。

ホテル増設、リニア新幹線、東京メトロ、数え上げればきりがないほど、多くのことが2020年をターゲットにして動いています。

2021年の閑古鳥っぷりは想像に難くない。

そんな中、新国立競技場が揺れている。

一概に比較はできませんが、東京スカイツリーは650億円ほど、アベノハルカス800億円、日本プロ野球の各球団本拠地

福岡ドーム 760億円 1993年
京セラドーム 498億円 1997年
札幌ドーム422億円 2001年
ナゴヤドーム 405億円 1997年
東京ドーム350億円 1988年
千葉マリン133億円 1990年
マツダスタジアム 90億円 2009年
スカイマーク 60億円 1988年
横浜スタジアム 48億円 1977
甲子園 250万円 1924年
神宮球場53万円 1926年

2500億が如何に高額か見て取れます。

なんと、スカイツリーが4本ほど立てられます。

福岡どーむが3個半作れます。

どう考えても高すぎです。

では、この真意はどこにあるのか。

施工したくない!!!!この一点ではないでしょうか。

そもそも、予算ありきのはずが、どうして、積み上げ式になっているのでしょうか。

現状、あれほどの規模のものを積算できる技術者は、手が空いていませんから、

じっくりと積算できていない可能性もあります。

それか、もしかしたら深刻な土壌汚染があるのをかくして、建設費として計上しようとしているのかもしれません。

全然タイトルと関係なくなってしまった。
■素人■
スポンサーサイト
  1. 2015/07/20(月) 22:14:03|
  2. こらむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸せになりたいと言うが・・・

幸せになりたいとだれもが言う。

だけれども、本当に多くの人が、幸せに思えない日々を長く過ごしている。

何が足りない?

何が足りない?

その足りないと思う心がまずは邪魔だな。

まずは、満たされていることに気付くことだろう。

手に入らない事や物を数えるのではなく、手にしている全てに気付き、感謝する。

そこから始めたらどうだろう。

そして、根本的なところでは、今、ノミでも、ダニでも、トカゲでも、バッタでもない、人間という本質的には素晴らしい生き物として、生きている。

そこまで、気付けば不満などなかろう。

そして、満たされていることに気づいたら、それを糧に、世のため人のためにその心と身体を使おう。

それしかないだろう。

■素人■
  1. 2015/05/24(日) 22:32:10|
  2. こらむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴール!ゴルゴルゴル!ゴール!!!!

今大会、面白いですね。

私のように4年間ほとんどサッカー見ていなかった者でも楽しめちゃうのがW杯のすごさ。

印象に残っていることをただただ書き連ねますよ。

開幕戦 大会1得点目が母国で勇士を見せるはずだったのにオウンゴール。

何て日だよ!今日は何て日だよ!

でも割かし落ち込んでなさそうだったのがさすがブラジル。

西村さんのPK。手を使ったファウルを厳しくという方針だけはなく、大会のためには開催国が盛り上がる必要があるため少しベクトルが働いたのかな。

クロアチア人は日本が嫌いなったかな。ならないでねぇ。

オランダのすごさ。これでスナイデルが爆発したらどうしようもない。

スペインは、うーん、前回が異常に出来すぎていたので、まぁこんなもんでしょうか。

コスタリカがすげーつよい。

やはり南米開催というのがいたるところで効いているね。

フランスの選手全然知らない。監督のデシャンしかしらない。

でもフランスすげーいいかも。

本田のゴールはマジで良かった。

日本人のサッカーも変わったぜと鼻息荒くなったのもつかの間。

同じ形で2点とられ、あえなく撃沈。

ポルトガル全然だめ。ひどいもんだ。

ドイツはいつも強く、本当に育成の仕組みが素晴らしいんだろう。

アメリカには優勝して欲しくない。

イタリアにも。ジダンのことが忘れられない。

ロシアのキーパー大丈夫か。

日本ギリシャは大会ワーストの試合ではなかったか。

エキサイティングな展開が少なく、余裕で出勤できてしまった。

あれを見るためにいろいろしていた人は切ない。

コスタリカ イタリアを破る。なんだか今大会は表面上番狂わせだけれど、内実は順当だなという気がしてきた。

中南米はホームで異常に強いということ。

私が注目している応援したい国は、、、、、、、

エクアドル!

なんだか感情移入してしまって。

そして、、、、、フランス。

気になっちゃって。

とりあえずそんなところですわ。

W杯 最高!!!!!

■素人■
  1. 2014/06/21(土) 23:04:37|
  2. W杯 !!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラジルワールドカップ

実兄からの誘いがあり、ドイツはフランクフルトでワールドカップ観戦してからはや8年か。

今でもあの情景は消えることはなく、私の自慢の経験の一つです。

心配すれば幾千のリスクがあるなかでも、旅立っていった8年目の私。

1年前の自分なら間違いなく行けていなかっただろう。

じゃあ今は?

本音を探る。ブラジルワールドカップ。表面上は大脳新皮質が「くだらない」常識的判断をして、絶対いかないだろう。

本音を探る。微弱になった電流を検知する感度をまだ私のセンサーは持っているはずだ。

男の人生とは、命よりも大事なものがある。その姿を見せることこそが子供たちへの最高の父性ではないか。

本音を探る。本音を探る。無意識の深海の底の底まで探りに行く。

それには時間が必要で。環境も必要。

そう、本音が出てこなくなるのと、このページでフットボールが語られなくなったのはほぼ同時期であろう。

フットボールはこの臆病な私をドイツにまで旅立たせてくれた翼を与えてくれた。

そして、その翼は今も、いや、これまでもずっと傍らにあり、常に用意は出来ていた。

私が見ないようにしていただけだった。

翼をくださいって歌があったっけな。そういえば。

フットボールを深く知ることで、組織をチームにするには何が必要か、諸国はどういう国か、人々は何がすきなのか、間接的に文化を知ることが出来る。

当然、スポーツとしても最高の仕組みだ。

そんな、私に翼をくれるフットボールをもう一度、深く見ていきたいと思う。

私の微弱な電流はそのような波長をどうやら示している。

さぁ、ブラジル。どうするか。今日も闇の中考えよう。

みなさん。どうしますか。ブラジル。

人生は一度しかありませんよね。

■素人■
  1. 2014/03/30(日) 11:18:46|
  2. W杯 !!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振り返り

私がHPをはじめてはや、15年くらいが経ちます。

それらはオープンな日記のようで読み返すといろいろな気づきがあります。

どのタイミングで何に興味を持っていたのかがよくわかります。

まぁ読み返してみると基本毎回恥ずかしい。

なんだか独りよがりな内容。

誰でも思う普通のことを「大発見」のように書いている。

若い。

でも、今よりも良い心の状態もあって、蘇る。

会社のストレスをちゃんと認識してそれらについての発散方法を書いたりしている。

少し話が翔ぶが、わたしはもともと土壌学を学び、途上国の食料問題に寄与したいと希望し、研究室を土壌学にした。

入社時にも、あれこれ迷ったけれど、土壌をきれいにするという内容に我が意を得たりと、浄化会社に進んだ。

それが形を変え、今では水処理屋である。

はて、いつの間に?

リーマンショック以降、急速に土地の取引が細くなり、浄化の引き合いもほとんどなくなってきた。

さらに、当社は適正に行った浄化だったのに、顧客が勝手に持ち込んだ砕石混じり土壌からクロムがでて、責任問題になりモメにモメた。

さらにさらに、土壌調査を行った顧客が金を支払わないという不良債権化の問題も起きた。

それら全ては私が責任者だったので、肌身に感じてこう思った。

「不動産屋が絡むとややこしい。不動産屋はおかしな会社も多い。土地絡みは一生つきまとうため、いついちゃもんをつかられるかわからないリスクがある。」

だから、土壌関連はやらないほうが得策。

そのように私も、会社も考えた。

故に、土壌に絡むことはやめて、当社責任範囲外のことでいちゃもんを付けられにくい、水処理の方があとくされないと考えた。

?俺が決めた?

うーん。会社の方針だから自分だけで決めたことではないけれど、当事者であったので、私もきっかけだろう。

不思議だ、誰かに車線変更させられたような気がしていたが、ハンドルを切ったのは自分だった。

こういうふうに、思い出しながら文章を書くことで記憶が蘇った。

今考えていること。

「失敗せず、うまくいかそう」という人生から、「血沸き、肉踊る」人生に車線変更する。

つまり、やり遂げたあとに「ヨッシャー!」と雄叫びをあげ、ガッツポーズを取ることを行う。

そのためには自分の深層の本音、ビビリのコーティングを剥いで、大きなことに挑戦する。

社会的に見て「うつけ」なことをする。

できっこないよ。と、言われることをやり遂げてやる。

さて、なんだろそれ。

本音を殺してきたから、本音がすごい微弱な電流しか発しない。δ並に。

まずはこれを拾い集めることから始めよう。

みなさんも、ちゃんと自分の本音を聞けてますかね?

■素人■
  1. 2014/03/09(日) 16:46:21|
  2. こらむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

■素人■

Author:■素人■
笑門来福

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
環境保全(流域保全と脱原発) (33)
こらむ (113)
W杯 !! (9)
読書メモ (4)
言の葉ステーション (3)
お知らせ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。